安っぽく見えるプラダのサックスブルーのナイロン2WAYバッグ

色や柄も渋さのある40代の男性には合わないと思うのが、
プラダのナイロン2WAYバッグなのです。

05141741

四角ではなく、
上の方が広く、下の方が小さいというデザインなのですが、
この形がビジネススーツに合わないんです。

それに、素材がナイロンだから、
安っぽく見えてしまうのです。

どうも雨合羽の袋みたいな感じに見えてしまうのが安っぽく見えるわけです。

色がサックスブルーで白のドット柄がまた微妙です。

このサックスブルーも色が微妙です。

もう少し明るくて綺麗な色の方がいいでしょうし、
白のドットもどこか安っぽく見えてしまうのが残念です。

サイズも大きすぎて、遠くの方からでもかなり目立ちます。

これがバッグが歩いているようにも見えてしまい、
ビジネス街では合わないのです。

テカっている感じもまたがっかりです。

ブランドのおしゃれなブラックスーツに、
この歩くたびにテカテカと光るバッグを持って歩く40代はコーディネートを考えられず、
ただそのバッグを持って歩いているだけにしか見えないのです。

肩に掛けられるのですが、
これをやってしまうと、
ますますダサく見えて残念な40代になってしまうでしょう。

40代が持つとダサくなるルイ・ヴィトンのショルダーバッグ

どうしても渋さのある40代の男性が持ってしまうとイケてないと思われてしまうカバンが、
ルイ・ヴィトンのシタダンというショルダーバッグなのです。

05141753

ナイロン素材でカーキ色なのですが、これがまたイケてないのです。

これは若い男性が持つとそのギャップがおしゃれなのですが、
渋い雰囲気のある40代男性が渋い色のバッグを持つとダサくなってしまうのです。

しかもボックスタイプなのもイケてないですね。

どこかおじさんを主張したようにも見えるこの厚みのあるバッグは、
センスがなく見えてしまうわけです。

スリムタイプのショルダーバッグなら似合うかもしれません。

ナイロン素材で安っぽく、
色も気の抜けたようた色合いが女性から見るとかなりダサいと思われてしまうでしょう。

ショルダー部分がヨレヨレなところもまたスーツまで安っぽくしてしまうところです。

ルイ・ヴィトンという英語のロゴマークもどこか古臭く、
40代の男性の姿まで古臭くしてしまいます。

ベージュもありますが、これも古臭く見えてしまいます。

地味すぎてイケてない吉田カバンのPORTERのトートバッグ

吉田カバンのPORTERのPORTER PRIMEは品はあります。

渋みはあっていいのですが、
渋さのある40代の男性が持つと地味過ぎてしまうのです。
トートバッグは形も微妙です。

ビジネスにはラフすぎて合わないでしょう。

色がオリーブやレッドなどがありますが、
このオリーブという色がまた微妙です。

どこか泥の色のような印象があり、
女性から見ると格好いいとは思えません。

「なんでこの色にしたの?」とイラッとしてしまうのです。

表面がボコボコっとしているところもまたナンセンスです。

火に溶けてしまった印象があり、綺麗とは思えません。

形も四角ならいいのですが、上の方が広く、
下が狭いのがまたガッカリです。

レッドも色艶が美しいとは思えず、
やっぱりがっかりな印象を与えてしまうでしょう。

40代の男性よりも、
もっと落ち着いた50代後半の男性が持った方が格好よくなると思います。

ブラックも表面のシワな感じがだらしない印象を与えてしまいます。

いずれにせよ、このカバンは異性に対して好印象を与えないかもしれません。

40代から何故か始まる、「いけてないバッグ」シンドローム

40代位になると、バッグにもこだわりが出てくるのでしょうか。

ユニークなバッグを持つ男性が増えてきます。

しかしその多くのバッグが、イケてない!

まず女性用にみえるバッグはご法度だと思います。

「奥様の借りてきたのかしら」みたいな。

エルメスのバッグは中性的なものもあるのですが、
明らかに男性用のバッグでなければ持たないほうが良いと思います。

それからやたらと小さなバッグ

「歯ブラシと髭剃りとお財布しか入っていないのかそら」みたいな、ポーチのようなやつ。

お金持ちをプンプンアピールしているようなオーダーメードのバッグで、
その人に似合わないのも止めたほうがいいです。

場合によっては百万円ぐらいするらしいですが、
似合っていないと痛いだけです。

基本的には、男性のバッグはニュートラルな存在感の極めて薄いものか、
自分のバッグについての拘りを面白楽しく語れる自信のあるものに限ることをお勧めします。

最近はバッグを持たない身軽な人も増えてますね。

先日見かけた、
携帯と本だけ片手に、みたいなのは素敵だと思いました。

柄がかえってがっかりなジバンシィのナイチンゲールバッグ

 

05131448

ジバンシィのナイチンゲールという、
ボストンバッグタイプのバッグが40代の男性にはイケてないのです。

丸みがあるデザインが、
ダンディな40代の男性には合わないのです。

もっとシャープな感じのバッグを持って欲しいのに、
どこか女性的なデザインが引いてしまいます。

それに、表面にキラキラとしたシルバーのビーズが幾つも付いているのですが、
またこれがダサく見えてしまうのです。

若い人が持つとおしゃれなのですが、40代男性では派手過ぎます。

いやらしい感じにも見えてしまい、
せっかくの知的な男性もマイナスイメージがついてしまうでしょう。

シルバーのビーズのデザインは幾何学模様のようですが、

それも個性的すぎてがっかりに見えます。

インベーダーのような絵柄のような形に見えて、
遊びが好きなイメージの男性にも見えてしまうのも残念です。

キラキラと派手な装飾がダンディな男性にはあまり合うとは思えないですし、
大きいサイズだからかなり目立ってしまい、
まるでカバンを見ろと主張しすぎている感じもイケてないのです。

かえって残念なシャネルのスエードショルダートートバッグ

05131455

シャネルのスエード素材のショルダートートバッグが40代男性が持つと残念です。

スエード素材は重厚感があっていいんです。

でも、ビジネススーツを着て持ったら合わないんです。

スエードのバッグはジーンズなどには合うんですが、
ブランドスーツを少し台無しにしてしまいます。

色がブラウンカラーもまた合わないのです。

明るくていいのかもしれませんが、
ブラウンカラーはどことなくカジュアルすぎてがっかりなわけです。

これを肩に掛けて現れた日にはどこか今さっき田舎から上京してきて、
無理してブランドのバッグを持っちゃいましたという感を与えてしまうでしょう。

シャネルだからいいんだ的なところがあり、
色のコーデはどうでもいいという感じもしてしまいます。

ハイセンスな女性から見たら実にイケてないと思われてしまう色と形です。

黒のジャンバーや革ジャンなどにはとっても合うと思いますが、

スーツには絶対持たない方がいいと思うイケてないシャネルのショルダートートバッグです。

年齢問わずに使えるTUMIのビジネスバッグ

tumiでも色々なデザインはあると思うのですが、
メジャーなのは町でよく見かける黒いナイロン製のビジネスバッグです。

このシリーズのものならわりと幅広い年令の人達に支持されていると思います。

シンプルだし、悪い意味でド目立ちしないし
(付属品のタグみたいなのにTUMIと書いてあるくらい。
これも付ける人と外す人に分かれるみたいですけどねw)、
かといって存在感はデカイ。

さすがアメリカのトップブランドってとこでしょうか。

あとTUMIがいいのは、キャリーケースとリンクコーディネートできるところ。

海外出張が多い人なんかは、この組み合わせ多しです。

TUMIならバックパックもオススメですね。

ビジネス用に使える機能を携えながらも、
普段でもバリバリ活用出来るデザインだと思います。

オススメはT-passのラインかな、と。

05131458

デザインもいいし、機能も抜群。

結構な値段はしますが、
クオリティが高いので知ってる人からは一目置かれちゃうかも!?

40代のビジネスマンに、オロビアンコのバッグはオシャレすぎる

持ち物には、年齢相応の物というのがあります。

勿論、私服で過ごす時には、思い切って10代~20代に寄せたようなファッション
(節度は守る必要がありますが)もアリだとは思いますが、
仕事中はそういうわけにはいかないと思います。

40代といえば、もう大人の男性。

そういう男性が、若者が扱うような、
ちょっとオシャレなデザインのカバンを使用してたのでは、
相手にも違和感を持たれてしまいますよね。

例えば、オロビアンコのバッグですが、
私はデザインや色が非常に好みのものが多く、
そんなに固くない席であったり、
プライベートなんかではよく使用しているのですが、
取引先との話し合いなんかには、
あまり持ち歩かないようにしています。

05131512

やはり、ビジネスマンは見た目でまず判断されます。

言い方は悪いかもしれませんが、舐められてはいけません。

取引先と話をするような席には、
キッチリとした皮で作られた、
黒もしくは茶一色の四角いカバンを持っていくことが重要だと、私は考えます。

40代のビジネスマンは自立式のバッグを使うようにする

ビジネスマンというのは、見た目が大事です。

例えば、取引先に行ったとき、
どうしても床にカバンを置かないといけない状態になった時どうでしょうか?

外装がテカテカのナイロンで、
底がない薄型のカバンや、
リュックサック型のカバンだと、
自然と床にカバンを倒して置く形になって、
非常にみっともないです。

ですので、私はなるべくしっかりした革製の、
底があるタイプのもの、
もしくは、アタッシュケースタイプのものを持って、
取引先に行くようにしています。

私はよく吉田カバンを利用するのですが、
年齢と共に、選ぶ商品のラインを変えてきました。

今よりも若い頃は、自立型でない薄めの物、
トートバッグに近いようなものなども利用していましたが、
40歳辺りを境に、大人の男性でも使えるような、
少し堅い感じのデザインのものを買うようになってきました。

みなさんそれぞれ好みのブランドがあるとは思いますが、
一つのブランドの中でも色々なパターンの商品はあると思うので、
是非とも自分の好きなブランドで、
自立型のバッグを探してもらえればと思います。

形が残念な40代男性が持ってがっかりなエルメスのバッグ

40代男性が持っているとイケてないと思うバッグが、
エルメスのガーデンファイルPMのトワルオフィシエです。

05131516

色はマロンカラーで、
シルバーの金具が付いている、
楕円形のような形をしているショルダーバッグなのですが、
形が40代のダンディな男性イメージには合わないんです。

四角形ならまでいいのですが、
口の形が左右内側に折ったような形になっています。

これを手に持ってビジネス街を歩いているだけでも浮いて見えます。

黒のビシッとしたスーツを着た渋さのある40代男性が持っていると、
「どうしたのかな?」と思ってしまうようないびつすぎる形なのです。

サイドのスナップボタンがとっても便利ですが、
肩に掛けると、それもまた合わないんです。

小さいサイズのバッグは肩にかけると、
がたいのいい40代の男性の体には小さすぎて格好いいと思えません。

マロンカラーは落ち着いていて綺麗です。

でも、横に長いのならまだいいのですが、
縦に長いのがダサい感じがして、女性から見てもイケてないと思ってしまうのです。

背中に背負うのがダサく見えるポーターのワンショルダーバッグ

40代の男性が持っているとダサく見えてしまうのが、
ポーターのワンショルダーバッグなのです。

05131519

このバッグは片側から背負うタイプなのですが、
斜めに背負うのが特徴的です。

ビジネススーツにこの斜め掛けのバッグを背負っていると、
少しダサい感じがするんです。

少し小さめなサイズで、
これがまた40代の男性にはカジュアルすぎるわけです。

カジュアルな服装には合うかもしれませんが、
ビジネス街にはない合わないんです。

でも、デートにこれをしてきても女性から見れば格好いいとは思えないでしょう。

近所に散歩に出かけるときとか、
サイクリングなどのスポーツに出かけるときにはいいかもしれません。

後ろから見るとやっぱり目立ちます。

これが一緒に歩いている女性から見たら、
恥ずかしいと思う人もいるかもしれません。

斜め掛けではなく、
片側の肩に掛ける感じで背負うと格好よくキメれます。

でも、やっぱりブランドの格好いいスーツを着たときには、
あまりこのポーターのワンショルダーバッグはイケてないと思われるでしょう。

若作りはイタイ⁈20代で卒業したいポールスミスのビジネスバッグ

若い世代に人気のポールスミスのビジネスバッグは、
年配の男性が持つといかにも若作りしているという印象に映ります。

ポール・スミスバッグ画像

バッグの質に問題があるわけではなく、
ラフな作りながらもベーシックな見た目は、
若くなかろうと支障なく使えるデザインではあるのですが、
世間一般の認識として若者向けの印象が強いブランドですので、
40代男性の所持品としてはどうしても相応しくないものと考えられてしまうのです。

また若者に人気のブランドであるがゆえに、
職場の年下の部下とチョイスが被る可能性もあり、
思わぬ所でペアルックになってしまった時の気まずさは計り知れません。

加えてなまじポールスミスがコストパフォーマンスが高い品であるだけに、
いい年して安いバッグを使用している人、
という不名誉なレッテルを貼られる場合もあります。

スマートな大人の男には不似合いな、
若々しくもイタイブランドは避け、
年相応の落ち着きのあるデザインで、
さりげないおしゃれを楽しんでいくのがおすすめです。

バッグの片側に手を入れる革紐がついたセカンドバッグだけは止めて~

昔ながらのセカンドバッグだけは、
いくら良い革を使っていても「持つの止めて~」と思います。

ティッシュの箱くらいの大きさのセカンドバッグで、
バッグの端に手首を入れられる革ひもがついているタイプ。

いくらおしゃれでも、これを持って現れただけで他人のふりをしたくなります。

特に、紐部分に手首を通してバッグを持っていたら最悪。

バブルの時代から進化していないとしか思えません。

男性にはあまり余計なものを持ち歩いてほしくないのかもしれません。

仕事帰りに会うとしたら、
スーツのポケットにすんなり収まる程度の物しか持たないか、
きちんとしたブリーフケースを持って「仕事帰りです」という雰囲気でいてほしい。

スーツ姿で中途半端な大きさのセカンドバッグをもって現れたら…

レストランにもバーにも不似合いです。

そして大きさからして
「お泊りするために必要なものを入れてきた」ように見えてしまい、
生々しく感じてしまうのです。

40代の男性には持ってほしくないバッグナンバーワンです。

でも、これが70・80代の枯れた感じの男性なら違和感がありません。

やっぱりお泊りセットが入る大きさ、
と連想してしまうのがダメなようです。

吉田かばん(ポーター)をセレクトすれば安全パイとは限りません!

吉田カバン・ポーターバッグ画像

今から約20数年前、
男性セカンドバックがブームを起こっていました。

バブル時代に突入する頃からブランド品のセカンドバックはステイタスになり、
当時ルイビィトン、グッチ、
ハンティングワールド等をステイタスアイテムとして所持していましたね。

学生もイケてるアイテムとして憧れ、
買い求めやすいラコステやバァレンチ等をセレクトして合コンに向かう姿を思い出します。

この世代(40代~50代)の人達が、
引き続きセカンドバックを所持しているケースは意外にありますね。

飲み会や街中でたまに見かけますが、
残念ながら懐かしさは感じますがお洒落感はあまり無く厳しいですね…。

どうしても新聞等の集金カバンに見えてしまうのは私だけでしょうか?

そこでやってしまうミスが、
ポーター(吉田かばん)なら大丈夫だろう、です。

シンプルで飽きのこないデザインと、
上質なレザーそして堅実な価格でスキの無いバックですね。

しかしビジネスイメージの強いセカンドバック、
冠婚葬祭なら無難ですが、
普段使いは本人の私服センスがかなり必要だと思います。

やってはいけないミス。

それはブランド品が間違いない!
では無く上手く使いこなすテクニックの重要性と言う事ですね。

40代男性が持っているとイケてないと思われるバッグ4つ

40代男性が持っているとイケてないバッグの第4位は、
ミリタリー系のウエストバッグです。

ミリタリー系自体がお洒落上級者向けだと思いますが、
無理に若く見せようとしている雰囲気満々です。

ミリタリーバッグを持っているということは、
たぶんファッションも若作りでしょう。

第3位は、ゴヤールのトートバッグ

goyardバッグ画像

どんなカッコいい持ち方をしても女性的な感じにしかならないです。
そもそもトートバッグは難しいですね。

第2位は、定番ですがヴィトンのセカンドバッグです。

セカンドバッグは上手に取り入れるととてもお洒落です。

でもヴィトンを選ぶと、
40代の人の永遠の憧れ「ザ・ブランドバッグ」イメージが拭えません。

第1位は、アディダスなどのスポーツブランドのリュックです。

スポーツブランドは使いやすく人気がありますが、
何しろ若作り感が痛々しいです。

スーツスタイルで片方のショルダーだけリュックをかけているのは、カッコ悪いです。

カジュアルスタイルで、
きちっと両肩かけて使ってほしいです。

シンプルなデザインでかっこよく決まるフェリージのビジネスバッグ

フェリージのビジネスバッグは、
価格がお手頃で高級感があって、
働き盛りの40代男性が持つのにはぴったりなビジネスバッグだと思います。

デザインはとてもシンプルでオールレザーのものと、
お手入れが簡単で人気のナイロン素材のものがあります。

オールレザーのものだと、
かっちりしていて高級感がありかっこよく決めるにはもってこいです。

ナイロン素材のレザー部分使いのものは、
カジュアル感があってラフに持ててかっこよく決まります。

ナイロン素材は水や汚れに強いですし、
簡単にふき取れるので、汚れてもお手入れが簡単です。

フェリージビジネスバッグ画像

フェーリージの定番と言えばナイロンバッグで、
これはポケットがたくさんついていてとっても便利です。

外側には表面と裏面に、内側にも仕切りがいくつかあって、
忙しく書類整理が必要なビジネスマンにはもってこいです。

またしっかりした素材なので型崩れしにくく耐久性もバツグンです。

たくさん入る割には、見た目がコンパクトで、
持った感じはスッキリかっこよく決まります。

空港で見るシンプルなリモアのトパーズ・シリーズにビジネスマンのタフさを感じてかっこいいと思う

国内・海外に関わらず、
アグレッシブに動かれているビジネスマンが持ち歩く機会の多いキャリーバッグ。

1万円前後のお手軽な価格の物から、数十万円する高級ブランドの物まで、
ピンからキリまで目にすることがあると思います。

実際、お手軽な価格のキャリーバッグでも品質的にはかなり向上していて、
見た目の違いに大きな差を感じることはないのですが、
やはり良い物は細かな部分まで良く作られています。

空港や空港へ向かう移動中のビジネスマンが持ち運ぶキャリーバッグの中で一目置いてしまうのが、
リモワ(RIMOWA)のキャリーバッグ。

中でも定番中の定番であるトパーズシリーズです。

RIMOWAトパーズシリーズ画像

1950年、過酷な状況下でも耐えうるケースとして開発されたトパーズシリーズですが、
マットに仕上げられたシンプルなシルバーのアルミボディにとてもタフさを感じます。

それこそヴィトンやバーバリーなど高級ブランドのキャリーバッグは、
お値段も数十万もしますし、
人目を惹くデザインであることに間違いありませんが、
やはりビジネスマンには、
どんな仕事もやり抜くタフさを持ち合わせたキャリーバッグが良く似合い、かっこいいなと思うのです。

自分自身、2~3泊用のやや小振りなリモアのトパーズを持っていますが、
空港でラフに扱われて傷がついても気になりません。

所詮、投げるように扱われてしまうのがキャリーバッグです。

傷も、海外を股に掛けるビジネスマンのキャリバッグの勲章でしょう。

その為には、壊れないタフさを持った、
ドイツ・ケルン発祥のリモアのキャリーバッグをおススメしたいと思います。

スマートかつ上品なデザインでビジネスマンを引き立たせるFUJITAKAのバッグ

FUJITAKAというブランドをご存知でしょうか。

日本一の山である富士山と、
賢さと美麗さを兼ね備えた空の支配者である鷹、
そのふたつの名前を取り入れて名付けられたのがFUJITAKAというブランドです。

当然ながら日本のブランドであり、
ビジネスバッグの他にも財布や名刺入れを取り扱っているブランドでもあります。

このFUJITAKAというブランドの特徴は、
A4サイズの書類が綺麗に収納できるサイズのカバンがメインであることです。

そのため、どのカバンもデザインはスッキリとしており、
非常にスマートな印象を与えてくれます。

その上で上品さも兼ね備えており、傍目に見れば非常にオシャレです。

荷物を多く持って歩く人にはあまり向かないデザインとなっていますが、
日頃から少ない荷物で出歩いている方にはこれ以上ないほどにオススメできます。

価格はピンからキリまで色々ありますが、
安いものだと3万円台で買えてしまいますので、
だいぶお手頃だと思います。

格好良いビジネスマンを目指すのであれば、
是非FUJITAKAのバッグを手にして行動しましょう。

空港でもとてもかっこいい、ヴィトンのキャリーケース

ルイ・ヴィトンキャリーケース画像

40代男性が持っていて好感の持てるバッグですが、
やはりヴィトンのキャリーケースだと思います。

空港では、さまざまな方がキャリーケースを持っていますが、
中でもヴィトンのキャリーケースはひときわ目立ちますし、目を引きます。

それは、やはりヴィトンが超高級ブランドであるからということなどもありますが、
さらにはやはりこちらのキャリーバックは仕事ができる人に見えるからです。

やはり高級なバッグを持てるだけの財力、
そしてビジネスマンとしての能力があるのではないかな、と思えるからです。

また、ヴィトンのキャリーバッグを持っている人は、
旅慣れている人にも見えます。

芸能人や、野球選手などで持っている人も多いですし、
こういった方が持ち歩いているところも良く見かけます。

このため、ヴィトンのキャリーバッグを持っている男性の場合、
世界中を旅しているかのような感じがしますし、
旅慣れている人に見えることが多いです。

このため、大人の男性を演出することができると思います。

ビジネスバッグにベルルッティなんて贅沢です

40代のビジネスマンともなりますと、
ある程度気品のあるスーツの着こなしも求められるというもの、
それに応じたアクセサリーの選択もあって良い気がします。

女性のように小物使いに魅せるポイントがたくさんあるわけではないですから、
基本的には時計や靴、
タイやバッグがどんなアイテムかでその男性のセンスが表れるように思うのです。

バッグに注目してみると、
国内外の多くのブランドがビジネスバッグを扱っていますが、
国内もクオリティの高いアイテムを見つけることができます。

革製の物から生地とのコンビの物までバリエーションは豊富で、
使い勝手を考えるとナイロン素材と革附属で軽めのビジネスバッグが重宝するのは確かですね。

フェリージなんかはその代表格ですが、
良い素材を使用しているブランドですと、
けして安っぽい印象にはならないようです。

いろんな好みはありますが、
個人的には革製のバッグの方をおススメします。

使ってみればわかると思いますが、
やはり寿命という点で革製のバッグのコスパは評価していいと思うのですね。

個人的な好みで言うならベルルッティのバッグなんてかなり憧れてしまいます。

ベルルッティなら靴だろうと思うのですが、
密かにバッグもいくつかコレクションにありますね。

靴の上品さそのまま表現されているのが素敵です。

ベルルッティレザーバッグ画像

品の良いヴェネチアレザーに靴同様得意のパティーヌも可能、
新しくても深みのあるクラッシックな装いで飽きが来ないヴィジュアルを誇っています。

価格的にビジネスバッグにしては贅沢ですが、
差を付けるには打ってつけのブランドではないでしょうか。

高級感とシンプルさを兼ね備えたポルコロッソの本革ブリーフケース

私が40代男性に似合うバッグで想像するのは、
やはり本革のビジネスバッグですね。

高級感はもちろんですが、
使えば使うほど味が出てくる本革のビジネスバッグなので、
その人なりのオリジナリティを演出させることも出来ますよね。

そんな本革のビジネスバッグでも、
私はポルコロッソのブリーフケースはカッコいいなと思いますね。

何と言っても見た目がシンプルですからね。

やはり40代ともなれば、
ごちゃごちゃした外観は似合いません。

ポルコ・ロッソ画像

むしろ本人の人となりの方が重要になってきますので、

その場合はシンプルな出で立ちの方が好印象を与えることが出来ます。

また機能面でも優れていますので、
このブリーフケースにノートパソコンやタブレット、書類などが入っているだけで
「出来るビジネスマン」=カッコいいという図式になります。

ただしシンプルさも大切とは言え、
やはり40代ともなれば高級感も大切です。
その点においても、
本革でできている本製品であれば申し分は無いと言えるでしょうね。

大人の男性のイメージがあるコーチのバッグ

40代の男性といえば、
スーツをはじめとした着こなし、
そして小物、バッグまで、
あまりそれぞれが主張するようなデザインや色調、
素材であることは好ましいとは思えません。

あくまでも、それぞれがおしゃれであることが一番であると思うわけです。

ようするにトータルバランスが大事なのです。

このポイントを考えた場合に、
バッグとしてわたしがおすすめしたいのは、
ビジネスでもプライベートでもコーチです。

コーチのバッグはとにかく素材の皮が非常に落ち着いた色を出しています。

ブラック、グレーとどのような色であってもまず間違いはありませんし、
主張をすることもありません。

デザインもオーソドックスで、
どのような着こなしにも耐えうるところが一番のグッドポイントになると思われます。

これは前述のとおり、プライベートでもビジネスでも同じです。

コーチのバッグの質感やデザインは大人の男性にとっては非常にほしい要素であり、おしゃれのポイントです。

男が持ってもおしゃれに決まる!コーチのビジネスバッグ

女性人気の高いコーチが展開する男性用のビジネスバッグは、
大人のスマートさを持ちながら四角四面には終わらない、
粋な男を演出するにびったりな商品です。

艶やかで深い色合いが目を惹く上質な革の素材感と、
それを活かす無駄のないシンプルなデザインからは、
老舗ブランドとしてのステータスの高さを伺わせ、
おしゃれでありつつも浮ついた印象を感じさせません。

COACHブリーフケース画像

書類を入れたり仕事用の道具を持ち歩いたりという、
ビジネスアイテムとしての野暮ったさや重さが抜けきらない一般的な商品とは異なり、
コーチのビジネスバッグは見た目もピシリと格好よく、
大人の男のスーツスタイルを引き立てます。

お硬くなりすぎず、
しかしカジュアルにはならない繊細な造形は、
女性人気のブランドとしての持ち味を活かすものです。

その上で頑丈であることもコーチのバッグの利点で、

使えば使うほど味を出す革製品としての特長が、
バッグをより良いものへと昇華させていくでしょう。

四十、五十と年を重ねていく中で、
共に成長し魅力を増していく理想的な相棒の形がそこにあります。

使えば納得ブリーフィングのバッグ

以前はナイロン素材のもので、
ビジネスバッグとして使えるものはたくさん出ていたのですが、
今ひとつ高級感がなくて敬遠していました。

軽くて丈夫なら通勤でも楽なのは承知なのですが、
見栄えがどうかと考えると少し考えてしまいます。

せっかくスーツもそれなりに良いものを買ったのに、と
その相性を気にしてしまうのです。

もともと革製品が好きでしたし、
おそらく自分だけは革製のブリーフで一生押し通すだろうと思っていたのですが、

ある年に衝動買いしてしまった、
ブリーフィングのバッグを使ってるうちにやや考えが変わりました。

革は革の良さがって、
長年使い込むことで生まれるエイジングの深みによってさらに愛着が湧きますね。

意外に壊れないのも革製品の持ち味ですし、
そういったバッグを数個所有していますがどれも飽きがきません。

所詮ナイロンなんかの生地物はすぐ飽きるだろう、
そう思っていたのですが、
ブリーフィングは随分と長い付き合いになりそうな気がします。

どうしてこんな高い値段のを買ってしまったんだろうと一瞬後悔したのですが、
長く使えるならそれは十分相殺できるのです。

友人の勧めでつい手を出してしまったのですが、なるほど納得しました。

ブリーフィングブリーフケース画像

ドメスブランドなのにアメリカ製でナイロンだと若い人に支持されそうですが、
この風格は大人の男性の方がむしろ似合う気がします。

思ったよりも女子受けも良くて、
何かと荷物の多い私のようなタイプにはEX-BRIEFがちょうど良いみたいです。

仕事のできる、こなれた男の「輪怐・LIN-KU」ビジネスバッグ

ビジネスバッグに求められるもの。

機能性はモチロン、様々なビジネスシーンに対応できる一定のオーソドックスさ。

そして更に、バッグが醸し出す印象が使う人のそれと重なるものだと本当に良い。

質実な中に、清潔感やインテリジェンス、
時にフットワークの良さもを感じさせる、
そんな仕事をする男性に似合うのが
「輪怐・LIN-KU」のブリーフバッグ。

オール牛皮革素材のバッグの他、
PUコーティングされた艶のあるツイル生地との組み合わせなど複数のラインがあり、
いずれも高級感と洗練されたデザインを楽しめるバッグになっている。

二層式、大きくマチ幅を変えられるもの、
キャリーケースに通せるタイプのものなど出張や小旅行にも対応。

カラーコンビネーションタイプは、
付属の皮革部分やファスナーなどに程よいアクセントカラーが使われている。

オーソドックスなのにどこか他の人と違う、
安定感がありながらデザインの小気味良さにドキッとさせられる、
そんな印象のビジネスバッグをお探しの方に。