若作りはイタイ⁈20代で卒業したいポールスミスのビジネスバッグ

若い世代に人気のポールスミスのビジネスバッグは、
年配の男性が持つといかにも若作りしているという印象に映ります。

ポール・スミスバッグ画像

バッグの質に問題があるわけではなく、
ラフな作りながらもベーシックな見た目は、
若くなかろうと支障なく使えるデザインではあるのですが、
世間一般の認識として若者向けの印象が強いブランドですので、
40代男性の所持品としてはどうしても相応しくないものと考えられてしまうのです。

また若者に人気のブランドであるがゆえに、
職場の年下の部下とチョイスが被る可能性もあり、
思わぬ所でペアルックになってしまった時の気まずさは計り知れません。

加えてなまじポールスミスがコストパフォーマンスが高い品であるだけに、
いい年して安いバッグを使用している人、
という不名誉なレッテルを貼られる場合もあります。

スマートな大人の男には不似合いな、
若々しくもイタイブランドは避け、
年相応の落ち着きのあるデザインで、
さりげないおしゃれを楽しんでいくのがおすすめです。

バッグの片側に手を入れる革紐がついたセカンドバッグだけは止めて~

昔ながらのセカンドバッグだけは、
いくら良い革を使っていても「持つの止めて~」と思います。

ティッシュの箱くらいの大きさのセカンドバッグで、
バッグの端に手首を入れられる革ひもがついているタイプ。

いくらおしゃれでも、これを持って現れただけで他人のふりをしたくなります。

特に、紐部分に手首を通してバッグを持っていたら最悪。

バブルの時代から進化していないとしか思えません。

男性にはあまり余計なものを持ち歩いてほしくないのかもしれません。

仕事帰りに会うとしたら、
スーツのポケットにすんなり収まる程度の物しか持たないか、
きちんとしたブリーフケースを持って「仕事帰りです」という雰囲気でいてほしい。

スーツ姿で中途半端な大きさのセカンドバッグをもって現れたら…

レストランにもバーにも不似合いです。

そして大きさからして
「お泊りするために必要なものを入れてきた」ように見えてしまい、
生々しく感じてしまうのです。

40代の男性には持ってほしくないバッグナンバーワンです。

でも、これが70・80代の枯れた感じの男性なら違和感がありません。

やっぱりお泊りセットが入る大きさ、
と連想してしまうのがダメなようです。

吉田かばん(ポーター)をセレクトすれば安全パイとは限りません!

吉田カバン・ポーターバッグ画像

今から約20数年前、
男性セカンドバックがブームを起こっていました。

バブル時代に突入する頃からブランド品のセカンドバックはステイタスになり、
当時ルイビィトン、グッチ、
ハンティングワールド等をステイタスアイテムとして所持していましたね。

学生もイケてるアイテムとして憧れ、
買い求めやすいラコステやバァレンチ等をセレクトして合コンに向かう姿を思い出します。

この世代(40代~50代)の人達が、
引き続きセカンドバックを所持しているケースは意外にありますね。

飲み会や街中でたまに見かけますが、
残念ながら懐かしさは感じますがお洒落感はあまり無く厳しいですね…。

どうしても新聞等の集金カバンに見えてしまうのは私だけでしょうか?

そこでやってしまうミスが、
ポーター(吉田かばん)なら大丈夫だろう、です。

シンプルで飽きのこないデザインと、
上質なレザーそして堅実な価格でスキの無いバックですね。

しかしビジネスイメージの強いセカンドバック、
冠婚葬祭なら無難ですが、
普段使いは本人の私服センスがかなり必要だと思います。

やってはいけないミス。

それはブランド品が間違いない!
では無く上手く使いこなすテクニックの重要性と言う事ですね。

40代男性が持っているとイケてないと思われるバッグ4つ

40代男性が持っているとイケてないバッグの第4位は、
ミリタリー系のウエストバッグです。

ミリタリー系自体がお洒落上級者向けだと思いますが、
無理に若く見せようとしている雰囲気満々です。

ミリタリーバッグを持っているということは、
たぶんファッションも若作りでしょう。

第3位は、ゴヤールのトートバッグ

goyardバッグ画像

どんなカッコいい持ち方をしても女性的な感じにしかならないです。
そもそもトートバッグは難しいですね。

第2位は、定番ですがヴィトンのセカンドバッグです。

セカンドバッグは上手に取り入れるととてもお洒落です。

でもヴィトンを選ぶと、
40代の人の永遠の憧れ「ザ・ブランドバッグ」イメージが拭えません。

第1位は、アディダスなどのスポーツブランドのリュックです。

スポーツブランドは使いやすく人気がありますが、
何しろ若作り感が痛々しいです。

スーツスタイルで片方のショルダーだけリュックをかけているのは、カッコ悪いです。

カジュアルスタイルで、
きちっと両肩かけて使ってほしいです。