40代のビジネスマンに、オロビアンコのバッグはオシャレすぎる

持ち物には、年齢相応の物というのがあります。

勿論、私服で過ごす時には、思い切って10代~20代に寄せたようなファッション
(節度は守る必要がありますが)もアリだとは思いますが、
仕事中はそういうわけにはいかないと思います。

40代といえば、もう大人の男性。

そういう男性が、若者が扱うような、
ちょっとオシャレなデザインのカバンを使用してたのでは、
相手にも違和感を持たれてしまいますよね。

例えば、オロビアンコのバッグですが、
私はデザインや色が非常に好みのものが多く、
そんなに固くない席であったり、
プライベートなんかではよく使用しているのですが、
取引先との話し合いなんかには、
あまり持ち歩かないようにしています。

05131512

やはり、ビジネスマンは見た目でまず判断されます。

言い方は悪いかもしれませんが、舐められてはいけません。

取引先と話をするような席には、
キッチリとした皮で作られた、
黒もしくは茶一色の四角いカバンを持っていくことが重要だと、私は考えます。

40代のビジネスマンは自立式のバッグを使うようにする

ビジネスマンというのは、見た目が大事です。

例えば、取引先に行ったとき、
どうしても床にカバンを置かないといけない状態になった時どうでしょうか?

外装がテカテカのナイロンで、
底がない薄型のカバンや、
リュックサック型のカバンだと、
自然と床にカバンを倒して置く形になって、
非常にみっともないです。

ですので、私はなるべくしっかりした革製の、
底があるタイプのもの、
もしくは、アタッシュケースタイプのものを持って、
取引先に行くようにしています。

私はよく吉田カバンを利用するのですが、
年齢と共に、選ぶ商品のラインを変えてきました。

今よりも若い頃は、自立型でない薄めの物、
トートバッグに近いようなものなども利用していましたが、
40歳辺りを境に、大人の男性でも使えるような、
少し堅い感じのデザインのものを買うようになってきました。

みなさんそれぞれ好みのブランドがあるとは思いますが、
一つのブランドの中でも色々なパターンの商品はあると思うので、
是非とも自分の好きなブランドで、
自立型のバッグを探してもらえればと思います。

形が残念な40代男性が持ってがっかりなエルメスのバッグ

40代男性が持っているとイケてないと思うバッグが、
エルメスのガーデンファイルPMのトワルオフィシエです。

05131516

色はマロンカラーで、
シルバーの金具が付いている、
楕円形のような形をしているショルダーバッグなのですが、
形が40代のダンディな男性イメージには合わないんです。

四角形ならまでいいのですが、
口の形が左右内側に折ったような形になっています。

これを手に持ってビジネス街を歩いているだけでも浮いて見えます。

黒のビシッとしたスーツを着た渋さのある40代男性が持っていると、
「どうしたのかな?」と思ってしまうようないびつすぎる形なのです。

サイドのスナップボタンがとっても便利ですが、
肩に掛けると、それもまた合わないんです。

小さいサイズのバッグは肩にかけると、
がたいのいい40代の男性の体には小さすぎて格好いいと思えません。

マロンカラーは落ち着いていて綺麗です。

でも、横に長いのならまだいいのですが、
縦に長いのがダサい感じがして、女性から見てもイケてないと思ってしまうのです。

背中に背負うのがダサく見えるポーターのワンショルダーバッグ

40代の男性が持っているとダサく見えてしまうのが、
ポーターのワンショルダーバッグなのです。

05131519

このバッグは片側から背負うタイプなのですが、
斜めに背負うのが特徴的です。

ビジネススーツにこの斜め掛けのバッグを背負っていると、
少しダサい感じがするんです。

少し小さめなサイズで、
これがまた40代の男性にはカジュアルすぎるわけです。

カジュアルな服装には合うかもしれませんが、
ビジネス街にはない合わないんです。

でも、デートにこれをしてきても女性から見れば格好いいとは思えないでしょう。

近所に散歩に出かけるときとか、
サイクリングなどのスポーツに出かけるときにはいいかもしれません。

後ろから見るとやっぱり目立ちます。

これが一緒に歩いている女性から見たら、
恥ずかしいと思う人もいるかもしれません。

斜め掛けではなく、
片側の肩に掛ける感じで背負うと格好よくキメれます。

でも、やっぱりブランドの格好いいスーツを着たときには、
あまりこのポーターのワンショルダーバッグはイケてないと思われるでしょう。