シンプルなデザインでかっこよく決まるフェリージのビジネスバッグ

フェリージのビジネスバッグは、
価格がお手頃で高級感があって、
働き盛りの40代男性が持つのにはぴったりなビジネスバッグだと思います。

デザインはとてもシンプルでオールレザーのものと、
お手入れが簡単で人気のナイロン素材のものがあります。

オールレザーのものだと、
かっちりしていて高級感がありかっこよく決めるにはもってこいです。

ナイロン素材のレザー部分使いのものは、
カジュアル感があってラフに持ててかっこよく決まります。

ナイロン素材は水や汚れに強いですし、
簡単にふき取れるので、汚れてもお手入れが簡単です。

フェリージビジネスバッグ画像

フェーリージの定番と言えばナイロンバッグで、
これはポケットがたくさんついていてとっても便利です。

外側には表面と裏面に、内側にも仕切りがいくつかあって、
忙しく書類整理が必要なビジネスマンにはもってこいです。

またしっかりした素材なので型崩れしにくく耐久性もバツグンです。

たくさん入る割には、見た目がコンパクトで、
持った感じはスッキリかっこよく決まります。

空港で見るシンプルなリモアのトパーズ・シリーズにビジネスマンのタフさを感じてかっこいいと思う

国内・海外に関わらず、
アグレッシブに動かれているビジネスマンが持ち歩く機会の多いキャリーバッグ。

1万円前後のお手軽な価格の物から、数十万円する高級ブランドの物まで、
ピンからキリまで目にすることがあると思います。

実際、お手軽な価格のキャリーバッグでも品質的にはかなり向上していて、
見た目の違いに大きな差を感じることはないのですが、
やはり良い物は細かな部分まで良く作られています。

空港や空港へ向かう移動中のビジネスマンが持ち運ぶキャリーバッグの中で一目置いてしまうのが、
リモワ(RIMOWA)のキャリーバッグ。

中でも定番中の定番であるトパーズシリーズです。

RIMOWAトパーズシリーズ画像

1950年、過酷な状況下でも耐えうるケースとして開発されたトパーズシリーズですが、
マットに仕上げられたシンプルなシルバーのアルミボディにとてもタフさを感じます。

それこそヴィトンやバーバリーなど高級ブランドのキャリーバッグは、
お値段も数十万もしますし、
人目を惹くデザインであることに間違いありませんが、
やはりビジネスマンには、
どんな仕事もやり抜くタフさを持ち合わせたキャリーバッグが良く似合い、かっこいいなと思うのです。

自分自身、2~3泊用のやや小振りなリモアのトパーズを持っていますが、
空港でラフに扱われて傷がついても気になりません。

所詮、投げるように扱われてしまうのがキャリーバッグです。

傷も、海外を股に掛けるビジネスマンのキャリバッグの勲章でしょう。

その為には、壊れないタフさを持った、
ドイツ・ケルン発祥のリモアのキャリーバッグをおススメしたいと思います。

スマートかつ上品なデザインでビジネスマンを引き立たせるFUJITAKAのバッグ

FUJITAKAというブランドをご存知でしょうか。

日本一の山である富士山と、
賢さと美麗さを兼ね備えた空の支配者である鷹、
そのふたつの名前を取り入れて名付けられたのがFUJITAKAというブランドです。

当然ながら日本のブランドであり、
ビジネスバッグの他にも財布や名刺入れを取り扱っているブランドでもあります。

このFUJITAKAというブランドの特徴は、
A4サイズの書類が綺麗に収納できるサイズのカバンがメインであることです。

そのため、どのカバンもデザインはスッキリとしており、
非常にスマートな印象を与えてくれます。

その上で上品さも兼ね備えており、傍目に見れば非常にオシャレです。

荷物を多く持って歩く人にはあまり向かないデザインとなっていますが、
日頃から少ない荷物で出歩いている方にはこれ以上ないほどにオススメできます。

価格はピンからキリまで色々ありますが、
安いものだと3万円台で買えてしまいますので、
だいぶお手頃だと思います。

格好良いビジネスマンを目指すのであれば、
是非FUJITAKAのバッグを手にして行動しましょう。

空港でもとてもかっこいい、ヴィトンのキャリーケース

ルイ・ヴィトンキャリーケース画像

40代男性が持っていて好感の持てるバッグですが、
やはりヴィトンのキャリーケースだと思います。

空港では、さまざまな方がキャリーケースを持っていますが、
中でもヴィトンのキャリーケースはひときわ目立ちますし、目を引きます。

それは、やはりヴィトンが超高級ブランドであるからということなどもありますが、
さらにはやはりこちらのキャリーバックは仕事ができる人に見えるからです。

やはり高級なバッグを持てるだけの財力、
そしてビジネスマンとしての能力があるのではないかな、と思えるからです。

また、ヴィトンのキャリーバッグを持っている人は、
旅慣れている人にも見えます。

芸能人や、野球選手などで持っている人も多いですし、
こういった方が持ち歩いているところも良く見かけます。

このため、ヴィトンのキャリーバッグを持っている男性の場合、
世界中を旅しているかのような感じがしますし、
旅慣れている人に見えることが多いです。

このため、大人の男性を演出することができると思います。