柄がかえってがっかりなジバンシィのナイチンゲールバッグ

 

05131448

ジバンシィのナイチンゲールという、
ボストンバッグタイプのバッグが40代の男性にはイケてないのです。

丸みがあるデザインが、
ダンディな40代の男性には合わないのです。

もっとシャープな感じのバッグを持って欲しいのに、
どこか女性的なデザインが引いてしまいます。

それに、表面にキラキラとしたシルバーのビーズが幾つも付いているのですが、
またこれがダサく見えてしまうのです。

若い人が持つとおしゃれなのですが、40代男性では派手過ぎます。

いやらしい感じにも見えてしまい、
せっかくの知的な男性もマイナスイメージがついてしまうでしょう。

シルバーのビーズのデザインは幾何学模様のようですが、

それも個性的すぎてがっかりに見えます。

インベーダーのような絵柄のような形に見えて、
遊びが好きなイメージの男性にも見えてしまうのも残念です。

キラキラと派手な装飾がダンディな男性にはあまり合うとは思えないですし、
大きいサイズだからかなり目立ってしまい、
まるでカバンを見ろと主張しすぎている感じもイケてないのです。

かえって残念なシャネルのスエードショルダートートバッグ

05131455

シャネルのスエード素材のショルダートートバッグが40代男性が持つと残念です。

スエード素材は重厚感があっていいんです。

でも、ビジネススーツを着て持ったら合わないんです。

スエードのバッグはジーンズなどには合うんですが、
ブランドスーツを少し台無しにしてしまいます。

色がブラウンカラーもまた合わないのです。

明るくていいのかもしれませんが、
ブラウンカラーはどことなくカジュアルすぎてがっかりなわけです。

これを肩に掛けて現れた日にはどこか今さっき田舎から上京してきて、
無理してブランドのバッグを持っちゃいましたという感を与えてしまうでしょう。

シャネルだからいいんだ的なところがあり、
色のコーデはどうでもいいという感じもしてしまいます。

ハイセンスな女性から見たら実にイケてないと思われてしまう色と形です。

黒のジャンバーや革ジャンなどにはとっても合うと思いますが、

スーツには絶対持たない方がいいと思うイケてないシャネルのショルダートートバッグです。

年齢問わずに使えるTUMIのビジネスバッグ

tumiでも色々なデザインはあると思うのですが、
メジャーなのは町でよく見かける黒いナイロン製のビジネスバッグです。

このシリーズのものならわりと幅広い年令の人達に支持されていると思います。

シンプルだし、悪い意味でド目立ちしないし
(付属品のタグみたいなのにTUMIと書いてあるくらい。
これも付ける人と外す人に分かれるみたいですけどねw)、
かといって存在感はデカイ。

さすがアメリカのトップブランドってとこでしょうか。

あとTUMIがいいのは、キャリーケースとリンクコーディネートできるところ。

海外出張が多い人なんかは、この組み合わせ多しです。

TUMIならバックパックもオススメですね。

ビジネス用に使える機能を携えながらも、
普段でもバリバリ活用出来るデザインだと思います。

オススメはT-passのラインかな、と。

05131458

デザインもいいし、機能も抜群。

結構な値段はしますが、
クオリティが高いので知ってる人からは一目置かれちゃうかも!?